kb84tkhrのブログ

何を書こうか考え中です あ、あと組織とは関係ないってやつです 個人的なやつ

shodo

今月のお題 侍巾帷房紈扇 小野小町

侍巾帷房紈扇 楷書はうっかり筆を拭いてしまって消滅今回はなんとなく形がとりやすい印象

異糧妾御績紡・喜撰法師

異糧妾御績紡 あんまり完成度は上がらなかったあっちもこっちもバランスがおかしい何をどうしていいかよくわからなくなってる感がある

今年の作品

今日は書道教室の展覧会でした 進歩しているのかはよくわからない確実なのは文字数が増えていることくらい 文字数が増えてくると、満足できるかというより失敗が少ないことを基準にしたくなってきますこっちの方がマシかな、みたいな最後は先生に選んでもら…

今月のお題

千字文は異糧妾御績紡コメントするのも気が進まないほどここもあそこも、って感じこれから完成度を上げていきます

雁塔聖教序:『大唐三蔵聖教』(また)

いつのまにか本のお手本は最後まで行ってたので先頭から書いていく 今回は『大唐三蔵聖教』っていうと次は『序』からかちょっとキリがよくないなまあいいや

今月最後の練習

今日は書道教室筆が割れるんですって言ってたひとに、根元のカタマリがなくなるまで洗ったら復活するかもよ、って言ってみた 楷書筆は何の問題もありませんつまり自分の腕前だけの問題

かな:百人一首 阿倍仲麻呂

ここんとこ筆の復活に力を入れすぎてかなやってなかったのでちょっと思い出して筆ペンで軽く練習しておく 筆ペンはすこし抑揚をつけづらい今使ってる紙は筆ペンだとすこし滲むからっていうのもある

親戚故舊老少 筆いい感じ

しっかり根元までガツガツ洗って、乾いたら櫛を入れる案の定抜け毛切れ毛がいっぱい その甲斐あってか書いてるときはほとんど抜け毛なし穂先もまとまっている

筆ほぼ復活しかし

ネットで調べてみると筆が割れるのはやっぱり洗い方が足りないっぽいかなり洗ったつもりではあったんだけど洗えてないと根元に墨の塊ができて膨らんでしまうとか

千字文:親戚故舊老少 楷書だけ

今月のお題はいまひとつ感覚がつかめないので楷書だけに絞って練習 筆はやっぱり割れる ダメなのかまんなかが膨らんで中に空洞ができてる感じ毛がそうなっちゃってるってことかなあ 今回は墨をたっぷりつけて割れを防ぐ作戦その代わり速く書かないといけない…

千字文:親戚故舊老少

相当徹底的に筆を洗って臨んだ今回でもやっぱり穂先が割れる 硯にグリグリして根元まで下すような感じにするとすこし緩和されるかなあ筆によくなさそうだなーと思いつつ書いてる時間よりも穂先を揃えてる時間の方が長く感じたり

烹宰飢厭糟糠 もう一度

今日はなんかもうびっくりするほど穂先が割れて字を書くどころの話ではなかったという 墨を含ませている間にもう割れかけていて墨を取っていると生き物のように割れていく

雁塔聖教序 雲露方得泫花

どうしてもバランスが取れないので、6文字の枠が書いてある下敷きで練習してから書いた そのほうがいいみたい

烹宰飢厭糟糠

8月のお題は烹宰飢厭糟糠 楷書 気がついてみると最近は2、3枚めくらいでそこそこ書けるようになっててそこは進歩してるのかもしれない前は月の後半くらいにならないと書けてなかった気がするただ、「そこそこ」のレベルは大して上がってないのが大問題 一…

千字文:適口充腸飽飫

書いているときはわりといい感じに書けてるかなーと思ってたけど画面に貼り付けてみるとなんか全然ダメで凹んでいる

挹之莫測其源

今日は雁塔聖教序をやりました 上に偏った 莫と其が右上がりすぎ ていうか其がなんか変 莫はちょっと大きい 雁塔聖教序的にはたぶんハネが大きすぎる もう一回やろうかな・・・

半紙買いました

ユザワヤで半紙が安くなっていたので買ってみました新珠っていうかなの練習用の紙で500枚入りのものが2000円弱今のペースはせいぜい週1で5枚くらいなので2年は余裕で持つランニングコストとしてはとてもリーズナブル

雁塔聖教序・蓋聞二儀有象

なんとなくいい感じに書けた気がしている 聞がちょっとどう書いていいのかよくわからないけど

レイアウト&展覧会へ向けて

今日は苦手ながらも全体のレイアウトを意識して書いてみた といっても難しいことは考えずとにかく真ん中あたりに書こうというだけまんなかへんまんなかへん

今週はかなを練習

この間字が大きすぎると言われたので小さめに ちょっと左と下が空いてしまったでもこれがいちばんマトモだったなかなか加減が難しい

今日の練習

先週よりうまくかけたのか、さっぱりわからないこういう練習でもやってればいつかはうまくなるのかなあ(あまり信じてない)

今月のお題

千字文は垣墻具膳飡飯 墻の回のところが狭くて書きづらいもう少し全体的に字を小さくしたい左側の字が真ん中を超えてしまったし

本日の書道教室

千字文は易輶攸畏屬耳

今日の書道

今日は百人一首と雁塔聖教序をやりましたと 山部赤人はやっと書き慣れてきた感はありますがうまく書けたのかどうかちっともわかりませんちゃんとした作品を見てインプット増やすしかないのかなあ

本日の作品

多少慣れてきたかな、というところでもう今月は終わり 平成も終わり

山部赤人

sudo apt install ubuntu-desktopの待ち時間に筆ペンで練習してたやつ 「田子の」の「の」が傾いちゃって「み」みたいになった ほかの字だってちゃんと読める字になってるのかどうかは自分では判別つきませんが! あと筆ペンで書いたせいか強弱が少ない感じ

今月のお題(漢字のみ)

今日はかな用の半紙を切らしてしまいまして漢字のみ 翫市寓目囊箱 楷書 細かくは直したいところがいっぱいあるけれどもまずまず書けた気がするもう少し書き慣れるといい感じになるかも 行書 ほかもそうだけど目と囊の大きさをどうするか囊はさすがにどうして…

本日の成果

今日は書道教室

本日の書道

千字文のやつやりましたと今日はなんとなくいい感じがするのではないかと

あしびきの

絵師さんの現在の絵と○年前の絵を並べてビックリ、みたいなツイートを見かけると元気が出ますがまあこれも生存者バイアスだよなみたいなことを思いつつ今日の練習成果