kb84tkhrのブログ

何を書こうか考え中です あ、あと組織とは関係ないってやつです 個人的なやつ

education

『ストーリーで楽しむ日本の古典 伊勢物語』

すっかりこのシリーズのファンになった私ですが(ムスメはどうした)今度は伊勢物語 著者は『黒魔女さんが通る』シリーズの石崎洋司なにげに豪華執筆陣だなあそういえばこのシリーズ、監修はつかないのかな あんまり気にはしませんが参考文献のリストはつい…

『失敗図鑑』

こんなムスメに「失敗しても大丈夫」と思わせるにはどうしたらいいか、と考える日々 で、育て方だったのか遺伝なのか、ウチの娘もそっくり同じ 勉強にしろ遊びにしろ、ちょっと難しいかも、と思うと手を付けようとしません あーここは自分に似たな、難しいこ…

『塾歴社会』

ムスメは今年(小4)からサピックスに通ってますとりあえず近所にあるし有名っぽいからいいんじゃない、くらいの認識でテスト受けてみたら入れたから行ってる、くらいな感じだったんですがどうもなんか思ってる以上にすごいところっぽいなと

考え方(の考え方)を教える(のって難しい)

今日はムスメがあっちむいてホイでずーっと勝負がつかなかったの、とか言うのでしめしめこれはチャンス、と思ってすかさずあっちむいてホイで10回やっても勝負がつかない確率ってどれくらいだと思う?と聞いてみました 頭の中では3/4の10乗だから3の10乗÷4の…

読み書きそろばんプログラミング

パネラーの後藤義雄氏の「せんみつでいい」(プログラミング教育をした1000人に3人しかプログラミングが身につかなかったとしても、裾野が広がって頂が高くなればいいんだ)は大失言だったかと。残りの997人が教材費払う合理的理由も、国税をつぎ込む合理性…

プログラミング教育はコンピュータを動かすためだけじゃない

プログラミング覚えて億万長者になろうとかScratchで勉強しても役に立たないからちゃんとした言語でやろうとかそういうの聞くとそういうものかなあなんか違うなあ、と感じます 自分が思い浮かぶのはこれこういう考え方でプログラミング教育をしてくれないか…

話が長い親

ムスメが450分って何時間?って聞いてきたわけですそこで7時間30分だよ、って言えば話は終わりなんですけどね答えを言うのは気が進まないんです450÷60はいくつ?くらいで済ませればいいんですがそうは問屋がおろしません 1時間は何分?60分だね450分の中に60…

(ふしぎ|鏡)の国のアリスの算数パズル

今日ブックオフで見つけた本はこれ ふしぎの国のアリスの算数パズル (やさしい科学 (別巻1)) 作者: 山崎直美 出版社/メーカー: さ・え・ら書房 発売日: 1983/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 鏡の国のアリス…

塾やべえな

子供の塾の説明会に行ってみたんですがすごいですねレベル高すぎといっても内容がすごく難しいとかじゃなくて方針っていうか考え方というかとにかくそこまで子供に考えさせるのか、っていうところに驚きました これはついていければすごいことになるなとしか…

数学ガールの秘密ノートまでのつなぎになるかも

図書館でこんな本を見つけました 算数を忘れた国の冒険 脱出編 (遊々算数アドベンチャー) 作者: 正木孝昌 出版社/メーカー: 学校図書 発売日: 2003/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 教えてもらったやり方で解くのではなくどうやって解くかを…

娘がもうすぐ小4で入塾テスト受けたりするわけですがこれで実際に授業が始まると夜の8時まで塾とかになるんですよね自分の小学生の頃を思い出すとこんなんでいいんだろうかという気がしなくもないです現代の忙しすぎる子供たち、的なそこまで詰め込んではい…

NHK GJ

今日はNHKで精霊の守り人の特集みたいなのやってましたね 上橋菜穂子の本を読んだのはごく最近、しかも守り人シリーズじゃなくて獣の奏者の方だったりするんですけどこのひとの書いたものなら間違いないっていう感覚です(何様 精霊の守り人シリーズはとりあ…

子供にしかけてみた

今のところ途切れることなく順調に続いている小さな習慣ですが これは子供にいい習慣を身につけさせるのにも応用できるでしょうか 子供の習慣づけにも使えるかなあ - kb84tkhrのブログ とにかくやってみることにしましたうまくいかなくても泣かない さてどれ…

辞書引き学習ってありますね

自分はあんまり辞書とか引かずに来た人なんですけどねだいたい想像で済ませちゃう感じ辞書こまめに引いてる博学な感じの人に憧れを感じたり で、辞書引き学習ってのがちょっと気になってたんですけど娘はやっぱり自分に似たのか、辞書にはあんまり興味を引か…