kb84tkhrのブログ

何を書こうか考え中です あ、あと組織とは関係ないってやつです 個人的なやつ

book

MEAPでGrokking Simplicityという本を買ってみた

最近このPodcastを聞いています Thoughts on Functional Programming Podcast by Eric Normand 最初のエピソードから順番に聞いているんですが オープニングの音楽もなくいきなり Eric Normandです “A theory of Functional Programming”っていう本を書こう…

『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』読んだ

Linuxカーネルなんて聞くと一瞬で身構えてしまいますが読みやすい本でしたコードをごりごり読み解いていくような感じではなくて読むための注意点・基礎知識とか読む方法を説明してくれる感じさらさらっと読めます

『白と黒のとびら』『精霊の箱』

やはりよい 『白と黒のとびら』とか『精霊の箱』の記事にリンク張っとこと思ったけどなかった 違うとこで書いたんだな #はてなブログ 『数の女王』 読みました - kb84tkhrのブログ https://t.co/KAQpZ4Sx2D AI本も数の女王もいいですが自分的にはやっぱこの…

『数の女王』 読みました

すこしまとまってポイントを獲得したので喜び勇んで新刊を買っていますもう使い切ったけどね! 数の女王 作者: 川添愛 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2019/07/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 『白と黒のとびら』や『…

n月刊ラムダノートVol.1 No.2(2019)

n月刊ラムダノート Vol.1, No.2(2019) shiroさんのLISP 1.5記事が掲載されていると聞いて即購入 LISP 1.5の風景計算機科学から見たディープラーニングQ#で始める量子プログラミング の3本立て見るからに濃ゆいしかも幅広い

『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』

これ読んだ バレットジャーナル 人生を変えるノート術 作者: ライダー・キャロル,栗木さつき 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2019/04/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る バレットジャーナルの公式ガイド今までWebで…

『コミック版世界の伝記 新渡戸稲造』

例によってムスメ用に借りた本だけど新渡戸稲造に対する認識がだいぶ改まりました

『新訂 教育心理学概論』を読んでいる

会社の人がお勧めしてた本を読んでみている 教育心理学概論 (放送大学教材) 作者: 三宅芳雄,三宅なほみ 出版社/メーカー: 放送大学教育振興会 発売日: 2014/03/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る あんまりこの手の本は読んだことがなかったん…

『Learn Python 3 the Hard Way』

突然ですが、私は練習ってやつがほかの人に比べて好きなようです練習っていうか、上達するのが好きなのかも何を練習するのかっていうのはほぼ制限なしわりあい単調な作業の繰り返しでも、さっきより少しうまくできたと思えるようなことがあると飽きずに続け…

『Goならわかるシステムプログラミング』ちょっと読んだ

Goならわかるシステムプログラミング(紙書籍+PDF版) 読んでみたいと思っていたところ会社で借りることができたので読む本気出して手を動かしながら読むとまた何か月コースなのでちょっとがまん

『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版』

Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版 作者: 株式会社ビープラウド 出版社/メーカー: 秀和システム 発売日: 2018/06/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 突然購入して突然読み始めましたほとんど衝動買いなんですが強いて言えば仮想マ…

掘り出し物!?

今日はヨメの実家へ移動 心配してた雪もなく無事到着ヨメのお母さんはユルめながらもずっと書道をされてる方なので最近こうなんですよとかいう話をしてたら本を出してきてくれましてその中でも2冊がかなりピンポイント

GitHub実践入門 (1)

GitやGitHubはちょこちょこ使ってみたことはあるけど gitはcommitとbranchとpushくらいしかしてないし GitHubに至ってはリポジトリを作っただけなのでもうちょっと勉強する

『The Complete Software Developer's Career Guide』(Audible)

Audibleのキャンペーンに乗って入手した『The Complete Software Developer's Career Guide』、やっと最後まで聞ききりました 最後の方は2倍速で聞けるようになったから2倍速っていうことではなくてとにかく最後までたどり着こうという2倍速ただ、普通の速度…

『Coders at Work』ケン・トンプソンの章

※ところどころ明記せずに略したり順番を変えてたりします ご了承ください ※いつものことなんですが ケン・トンプソンと言えばUnixの生みの親でC言語の誕生にも深くかかわった人 計算の理論の基礎がちょうど現れたころです。シェル外が現れ、それがnの2乗ソー…

『Coders at Work』ガイ・スティールの章

お次はガイ・スティール 自分的にはScheme(またはlambda)の人であとCommon LispとかECMAScriptとか言語の標準化によく出てくる人っていうイメージ やはり興味深いところが多すぎて困る

『エンジニアの知的生産術』

エンジニアの知的生産術 ──効率的に学び、整理し、アウトプットする (WEB+DB PRESS plusシリーズ) 作者: 西尾泰和 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2018/08/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 西尾泰和さんという…

『ストーリーで楽しむ日本の古典 落窪物語』

落窪物語 いじめられた姫君とかがやく貴公子の恋 (ストーリーで楽しむ日本の古典 2) 作者: 越水利江子,沙月ゆう 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 2012/12/13 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (22件) を見る 落窪サワリだけは知って…

『ストーリーで楽しむ日本の古典 伊勢物語』

すっかりこのシリーズのファンになった私ですが(ムスメはどうした)今度は伊勢物語 著者は『黒魔女さんが通る』シリーズの石崎洋司なにげに豪華執筆陣だなあそういえばこのシリーズ、監修はつかないのかな あんまり気にはしませんが参考文献のリストはつい…

『「集合と位相」をなぜ学ぶのか』

「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史 作者: 藤田博司 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2018/03/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 集合は数学の基礎、みたいはことはよく本に書いて…

『読書は1冊のノートにまとめなさい』

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版] 作者: 奥野宣之 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/11/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見る なぜ、読んだのに覚えていないのか? 読んだ本のことをすごくよく覚えて…

『「無限」に魅入られた天才数学者たち』

ハヤカワ文庫NFのシリーズ、ときどき好きそうな本がある 「無限」に魅入られた天才数学者たち (ハヤカワ文庫NF) 作者: アミール D アクゼル 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/09/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る カントールの話は…

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

ひとことで感想を言うと、身も蓋もない本、って感じ 人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている 作者: ふろむだ 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/08/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 人間…

『Effective Python』

図書館で借りた『Effective Python』をざっと読みました今の自分には優しすぎもせず難しすぎもせずちょうどいいレベルで使えそうな情報がいっぱい ジェネレータの仕組みを使ったコルーチンでライフゲームっていうのが面白かったなオブジェクトに明示的に状態…

『失敗図鑑』

こんなムスメに「失敗しても大丈夫」と思わせるにはどうしたらいいか、と考える日々 で、育て方だったのか遺伝なのか、ウチの娘もそっくり同じ 勉強にしろ遊びにしろ、ちょっと難しいかも、と思うと手を付けようとしません あーここは自分に似たな、難しいこ…

『まんがでわかるニーチェ』

まんがでわかるニーチェ (まんがでわかるシリーズ) 作者: 白取春彦,nev 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/07/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 宝島社のまんがでわかるシリーズには大変お世話になっておりますこれまでに7つの習慣、D・…

『哲学の謎』

哲学の謎 (講談社現代新書) 作者: 野矢茂樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/01/19 メディア: 新書 購入: 21人 クリック: 195回 この商品を含むブログ (111件) を見る 野矢先生は「この人の書く本なら」と思っている数少ない人のうちのひとり自分の目…

『プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造』

PaizaでS取れなかったのがちょっと尾を引いており、突然ですが そっちの勉強をすることにしました このままたくさん問題を解いていくだけでも少しずつ力はついていくだろうし 運が良ければS取れるかもしれないんですが それだと運がよかっただけかどうかわか…

『ジョブ理論』

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセン先生の本 ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション) 作者: クレイトン M クリ…

『塾歴社会』

ムスメは今年(小4)からサピックスに通ってますとりあえず近所にあるし有名っぽいからいいんじゃない、くらいの認識でテスト受けてみたら入れたから行ってる、くらいな感じだったんですがどうもなんか思ってる以上にすごいところっぽいなと