kb84tkhrのブログ

何を書こうか考え中です あ、あと組織とは関係ないってやつです 個人的なやつ

UbuntuをMacbook Airに入れてみる (4)

そうそう snapdの起動時に出てたエラーはどうなっただろう

UbuntuをMacbook Airに入れてみる (3)

じゃvscodeでも入れようか

UbuntuをMacbook Airに入れてみる (2)

気になる点はいくつか Dockの最上部に“RELEASEのインストール”というアイコンがある 検索してみると、Ubuntuのインストールの残骸らしい 実行したら起動しなくなったという報告もあった (自分は実行してしまったけどなんともなかった・・・ように見える) D…

Ubuntu (18.04) をMacbook Airに入れてみる

ちょっと待てよ 最近、MacBookAirあんまり触ってないな もしかしてなくなっても困らない? ・・・Ubuntu入れてみようか(ごくり

PPP3: Redmineのインストール(続き2)

たぶんここで苦労するのはおかしい と思って読み直すと NOTE Ansibleのバージョンは2.4.2を前提としています。 これなんじゃないか わざわざ書いてるのは、ここがつまづきどころだから?

PPP3: Redmineのインストール

メッセージを読む Don't run Bundler as root. Bundler can ask for sudo if it is needed, and installing your bundle as root will break this application for all non-root users on this machine. これはrootでやるなよってだけだから無視 わかってや…

PPP3: Redmineのインストール(撃沈)

Part 2 チーム開発のサイクル ぼっちが仮想でチーム気分出しながら読みます Chapter 04 チーム開発のためのツール 04-01 課題管理システム ここではRedmineを紹介している 使ったことがないわけではないけど、典型的な使い方はしてない気がする

PPP3: パッケージ作成(続き)

03-03-07 README.rst: 開発環境セットアップ手順 README.rstにセットアップ手順を記載 rstはreStructuredTextの略 Markdownじゃないのは何かのお約束なのか単なるローカルルールなのか 見た目はMarkdownのほうが好きかなあ 見出しが目立つのはいいところかも…

PPP3: パッケージ作成

03-03 ファイル構成とパッケージリリース setup.pyを書く、っていうのはHFP2でもやったけどこっちのほうが いろいろと出てきてる感じなので見ていく

本日の書道教室

千字文は易輶攸畏屬耳

PPP3: venvとpip

Chapter 03 Pythonプロジェクトの構成とパッケージ作成 パッケージングにもドキュメントがあるのね Python Packaging User Guide — Python Packaging User Guide ってないと困るだろうけど 読むべきものが多いのもそれはそれで大変 必要なところをつまみ食い…

HFP2: その他

残りもざざっと読んだけど時間切れで返却

HFP2: データベース関連

一応狙いは達成したけど返却までHead First Pythonを続ける データベースのところやってみよう 普通にMySQLをインストールしようかと思ったけど Oracleアカウントとやらで名前はともかく所属とか電話番号とか 必須で入れるのが面倒に感じて離脱MariaDBでやっ…

HFP2:Python Anywhere

ゴールは、「付録B Python Anywhere Webアプリケーションのデプロイ」で インターネット上になにか載せてみるところまでとする 載せられそうな最小限のアプリができたらやってみる とか自分で考えることもなく、5章の最後でPython Anywhereへの デプロイやる…

HFP2: 最初のWebアプリ

Flaskのインストールから $ pip install Flask ... Successfully installed Flask-1.0.2 Jinja2-2.10.1 MarkupSafe-1.1.1 Werkzeug-0.15.2 itsdangerous-1.1.0 hello_flask.pyを作成して少しずつ付け加えていく

HFP2:配布用モジュールの作成

PythonプロフェッショナルプログラミングでFlaskを体験したところで Head First Python 2の方にちょっと移動 こっちは5章あたりから先はFlaskでWebアプリを作りながら いろいろ勉強していくようになっている

PPP3: こんどこそFlask

Pythonのコードも手で入れていくよ

PPP3: Vagrantの共有フォルダでvenv(リベンジ)

ここからFlask体験 ちょっとやってみたかった 本の中では要件定義→機能設計→画面設計→画面作成→機能作成→結合→動作確認 てな感じで進む

ナカノ ページオープナー 意外と使えました

GWは那須にいってたんですけど、そこで寄ったステンドグラス美術館でこういうの見つけて買いました これだけだとなんだかわからないかもしれませんが本を開けたまま押さえておいてくれるやつです

今日の書道

今日は百人一首と雁塔聖教序をやりましたと 山部赤人はやっと書き慣れてきた感はありますがうまく書けたのかどうかちっともわかりませんちゃんとした作品を見てインプット増やすしかないのかなあ

PPP3:Webアプリと見せかけて

さてこのへんで1章を終わって Chapter 02 Webアプリケーションを作る 知識パートはさらっと読んでと CGIから書いてる そういうの好き

PPP3: Windows側でvenvとか

ここまで仮想マシン側に環境入れてきたけどたぶん(まだたぶんとか言ってる) 本ではホスト側に環境を作る想定のはず なのでWindows側でもやってみる

Formatted string literals (続き)

ここをもう少し見てみる f_expression ::= (conditional_expression | "*" or_expr) ("," conditional_expression | "," "*" or_expr)* [","] | yield_expression

本日の作品

多少慣れてきたかな、というところでもう今月は終わり 平成も終わり

Andrew Grove本2冊購入

Kindle本が安くなっているというのでGW前にちょっと気になっていたAndrew Groveの本を2冊購入 HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント 作者: アンドリュー・S・グローブ,ベン・ホロウィッツ,小林薫 …

Formatted string literals

LP3tHWでPythonにもString Interpolationがあることを知ったので軽く調べておく PythonではFormatted String Literalsと呼ばれる ざっくりいうとf""のように文字列の前にfをつけると 文字列の中に{式}があれば式を評価したものが文字列に置き換えられる 変数…

Pythonista 3

Pythonista 3 omz:software 仕事効率化 ¥1,200 iPhoneとキーボード使ってみて、そういえばこれならPythonistaとかいうアプリ入れてもけっこう快適に使えるかもななどと思ったり買ってみたりしました似たようなアプリを入れたことはあったんですがちょっとソ…

iClever IC-BK06+iPhoneメモアプリが気に入り始めている件について

この間ZenPadとコンビ組ませるつもりで買ったけど相性が今ひとつで別のキーボードを買ってしまったというIC-BK06ですがiPhoneとの組み合わせは何の問題もなく使えています とてもコンパクトなのでいつも持ち歩くようにしていますちょっとしたテーブルがあれ…

PPP3: 仕切り直してvenvまで

そろそろUbuntuデスクトップはあきらめて、普通にWindows上で 作業するかな Windowsでやるというだけで「普通に」もあやしいものだけど どこからやりなおすかな

『Learn Python 3 the Hard Way』

突然ですが、私は練習ってやつがほかの人に比べて好きなようです練習っていうか、上達するのが好きなのかも何を練習するのかっていうのはほぼ制限なしわりあい単調な作業の繰り返しでも、さっきより少しうまくできたと思えるようなことがあると飽きずに続け…